園の概要

概要

ほとけの子として

「ひとりひとりの人が授かった かけがえのない命を大切にする生命尊重の保育」
「正しい生活態度と正しい生活のしかたを見て 絶えず進む保育」
「夢を持てる 人間形成 良き社会人を作る保育」

園名常徳幼稚園
創立昭和29年
園長武田 敬幸
所在地〒156-0051 東京都世田谷区宮坂2-10-1 MAP
TEL03-3427-2251
保育時間月曜日~金曜日 9:00~14:00(平常保育時)
延長保育月曜日~金曜日 14:00~18:00(休園日は除く)延長保育詳細
休園日土曜・日曜・祝祭日、夏期・冬期・春期の休園期間
クラス編成

年少組(3才児)4クラス
年中組(4才児)4クラス
年長組(5才児)4クラス 計12クラス

原則として定員は420名です。
年少組は1クラスに担任3名、年中・年長組は担任及び職員が2名、就きます。

保育方針

仏教保育の理念のもと、躾本位の保育 心身の成長、発達の育成と同時に、自由に発想できる力を育てます。

常徳幼稚園 保育目標

  • 清潔と質素であること
  • 祖先を崇拝すること(上長を大切にする)
  • 夢を持てる人間形成(環境を造り与える)
  • 感謝報恩「おもいやりの心」を育てるため、機会あるごとにその実践に留意しています
  • 躾本位の宗教的情操のなかに心身の成長発達を育成し、協力と自主の精神を養い、品性の陶治に努めることを目的としています
  • 訓育上とくに留意している一面「秩序ある自由」によって、正直で他人に迷惑をかけず公正な判断を伴う実行力を育てるように努めています
  • 良識ある日本人の素地を育成するよう努力しています
  • 本園は満3才より学齢までの幼児教育基本法によって正しい保育を行います

園の歴史

昭和29年3月、初代園長武田義一は、宗教と政治、そして教育の流通を良くする為に、情緒発達や意志形成の未だ不十分の幼児を躾けて自覚のある人間形成の基礎づくりを目的として常徳幼稚園を創設いたしました。
「良薬なくして人を活かし毒薬なくして人を殺すものは人間の言葉である」百年、二百年以上生きる者はいない。併し、一千年の時を経ても言葉は残るものである。
とは言葉を正確に使い分けることの大切さを説いた厳格な初代園長の訓であります。

昭和36年6月、初代園長亡きあと、二代園長武田治恵は夫義一の意志を引継ぎ、50以上に亘り幼児教育に専心いたしました。信心深い仏教徒であり、永年奉仕活動を行ってきました。
すべての物の生命尊重を基本とした「みなわが子」を根本理念に掲げ、躾本位の宗教的情操教育を基本とし、心身ともに健全な幼児の育成に努めました。
昭和46年に園児数の増加とともに、二代園長の新しい感覚の殿堂である新園舎を設立いたしました。

幼児期に必要な教育は何か、目に見える教育にとらわれることなく、目に見えない教育のたいせつなことがらをわすれないこと、それは心の教育です。
心の中には「知識」「情操」「意志」の三本の柱があります。
なかでも、情操(思いやり、豊かな心)、意志(我慢する、根気がよい、自立心)の情意を幼児期からしつけの根本に据え、たいせつに育てることです。

常徳幼稚園はひとりひとりの園児が持っている無限の可能性を信じています。
園児は毎朝、前園長の胸像に合掌して「前園長先生おはようございます」とごあいさつします。
習性は第二の個性となります。
こころをむなしくして手を合わせるうちに、園児は、いつの間にか自分の大切さと共に相手の大切さも学んでいきます。

初代園長 武田 義一

二代目園長 武田 治恵

現園長 武田 敬幸

沿革

昭和十六年常徳院日曜学校開設
昭和二十九年初代園長 武田 義一 常徳幼稚園創立
昭和二十九年第一回入園式挙行
昭和三十六年二代園長 武田 治恵 就任
昭和三十七年保育室三室増設
昭和三十八年創立10周年記念式典
昭和四十年保育室四室増設
昭和四十四年ホール並びに保育室三室増設
昭和四十六年新園舎落成
昭和四十八年創立20周年記念式典
昭和五十一年長野県御代田町に厚生施設 あざみ寮設立
昭和六十年保護者集会議室 慈母会館設立
平成十年慈母会館二部屋増設
平成十四年創立50周年記念式典
平成二十一年園舎耐震補強工事完了
平成二十四年慈母会館新築
平成二十九年三代目園長 武田 敬幸 就任

pagetop